KUSUNOKI website
       ギター、ウクレレ、映画、読書、山登りの事などつらつらと。
             ホームページ ⇒ http://kusu.jp

          カテゴリ別 > 日記  山・旅
 映画    LIVE
  
8/20アドリブ講座のお知らせ
 早くも今週末に迫りましたが、今度の日曜日8/20に「アドリブ入門講座」を高田馬場FELIHAにて行います。毎度お馴染みテルイショウさんを講師に迎え、今回は名曲「スタンド・バイ・ミー」のコード進行を用いてどのようにアドリブ演奏をするか学びます。受講生募集中ですのでご希望の方は楠までお知らせ下さい。



 みなさまのご参加お待ちしております。


電動自転車に乗ってみた。〜西国分寺4大急登篇〜
 遂に電動自転車を購入した!電動自転車に人生で初めて乗ったけど、あまりの快適さに驚いている。実に快適、実に軽快、実に気分爽快である。こんなものが世の中にあったとは、前々から知っていたけどこれほどの性能とは思いもよらなかった。
 とにかく漕ぎ出しがとても楽である。ちょっとペダルを踏み込むだけで自転車だけ先に行ってしまうかと思うほどの加速力。おかげで一時停止するのが煩わしくなくなった。さらに電動自転車は上り坂で本領発揮する。立ち漕ぎなど必要ないほどの推進力でグイグイ登っていく。

 さて、この推進力はいかほどかと、西国分寺界隈の4大急登と言われる(かどうかは知らない。)坂に挑戦してみた。


 まずはお馴染み多摩蘭(たまらん)坂。

 写真だと坂の角度が分かりづらいが、名前の通り、地域住民を長きに渡って苦しめてきた“たまらん”坂。あの忌野清志郎も歌にしている有名な坂だ。

 さて、電動自転車で登るとどうかというと、




 楽勝!

 余裕で登りきった。
 これからは“たまる坂”に名前を変えた方が良さそうだ。





 次はこちら、

 国分寺仁王門から伸びるS字カーブの長い登り坂。

 ここは見通しも悪くとても危険な坂道だ。普通の自転車でフラフラと登ってると坂の上から猛スピードで車や他の自転車がやって来るかも知れないので要注意。よろけたりすると重大な事故に繋がりかねない。しかも坂の上にはS幼稚園があるのだが、自転車で送り迎え御母様方を苦しめ続けてきたという、忌まわしき坂なのだ。(S幼稚園は通園バス無しとか。)

 さて、この危険な坂を電動自転車で登るとどうかというと、






 楽勝!

 フラフラすることなく余裕で登りきった。
 幼稚園の送り迎えに苦労しているママたちよ。もう安心したまえ。我々には電動自転車がある。




 さて3つ目の坂はこちら、

 市民プール手前の上り坂!

 さぁだんだんローカルな内容になってきたぞ。
 ここのプールは市民が体力づくりや健康などのために安く解放しているのだが、この坂のせいで大半の人がプールに行くのを諦めるという恐ろしい上り坂だ。ちょうどこの時も自転車で下ってくる人が何人かいたが、きっとプールに行くのを諦めた人たちに違いない。

 さて、この危険な坂を電動自転車で登るとどうかというと、






 楽勝!

 もうこの坂を理由にプールに行かないということは無くなりそうだ。さらに、プールに入るときにシャツが汗だくで背中に張り付いて脱ぎにくいということともオサラバだ。



 最後の坂はこちら、

 府中街道から姿見の池に向かう急坂。
 池に向かうときは急な“下り”坂なわけだけど、はっきり言って怖い。急すぎて怖い。池にそのまま転がり落ちそうなほどの怖い坂である。「止まれ」の文字がその恐ろしさを表している。
 逆に池から府中街道や駅方面に行くときは当然急な上り坂になるのだが、ここを普通の自転車で登りきった人は未だかつて一人もいないかもしれないし、いるかもしれない。とにかくここは地理的に助走がつけにくく、一気に急坂になるので非常に険しい坂道なのだ。

 さて、この危険な坂を電動自転車で登るとどうかというと、






 楽勝!

 いままでで一番キツい坂ではあったけど、しかし電動自転車にかかればなんてことはない、普通の自転車を押して歩く人を横目にグイグイと登って行くのであった。






 さて、以上西国分寺4大急登と呼ばれている(かどうかは知らない。)上り坂を制覇して、一つ気がついたことがある。それはなんと、







 ギアが2速になったまま!



 ということである。


 つまり、「俺はまだ本気を出していない」ということだ。


 これを1速にギアチェンジしたら一体どれほどの坂を登れるのだろう・・・。




 さて、次回「坂多き街、国立(くにたち)4大急登篇」に続く。かも知れない。


Scheduleを更新しました。
まだ情報不足な点はありますが、ライブやワークショップが色々決まってきております。

スケジュール


ウクレレ・ピクニック2017in横浜に行ってきた。

 昼過ぎに到着しましたが、ちょうど日差しが出てきた頃でかなり暑かった。

 いろんな店のブースがあり、見て回ってるだけでも楽しい。けど、ついつい色々買ってしまうのでキケンです。

 そんな中、本日の戦利品。

 キワヤ商会のブースでくじ引きをしたら、

 「KIWAYA」のテキスト入りタンブラーをGET!

 さらに、

 フライングVのようなキー・ホルダーもGET!

 KAMAKAのブースでは、

 これまたタンブラーを!

 これは日本で行われた100周年記念コンサートのグッズらしい。そのコンサート行ったけど、見た記憶が無い。デザイン、カラーがとても良い感じ。


 他にもTシャツや飲み物、食べ物を買ったりして、キヨシ小林さんや高木ブーさんのライブを見たりして満喫しました。


BBQ@秋川渓谷
 毎年恒例行事になってきた秋川渓谷でのバーベキュー。今年もやってきました!いつもは灼熱の暑さですが、今年はほどよく曇り空で、快適に過ごせました。焼肉、ビール、ギター、ウクレレ、いろいろやっているうちにあっという間に時間が過ぎ夕方に。そしてその頃には雨が降り出してちょっと参りましたが、無事に今年もやり遂げました。また来年もやりたいです。



ギタリスト坪川真理子さんのホームページ制作しました。
 ご依頼ありがとうございます!


 →坪川真理子ホームページ

 スマホ対応となっております。


府中ルシーニュ
 先日オープンした府中の複合施設「ルシーニュ」に行って来た。まだオープンしたばかりということもあって平日なのにすごい人。いろいろ美味そうな店がたくさん入ってる。そして「いきなりステーキ」めっちゃ行列!

 にしても府中はルミエールだのルシーニュだのオシャレな名前が多いな。たこ焼き屋みたいな名前のくるるなんてのもあるし。

 さて、そんな府中でウクレレサークルを始めようと思います。そしてルシーニュの飲食店を制覇しようとも思います。


cafeFLAっとウクレレLIVE無事終了
 聴きに来てくれた皆さんありがとうございました!次回は9/18(敬老の日)に決まりました。またよろしくお願いします。


 ※FLAっとサイトより拝借。


丸山さんと児玉さんと私。
 今日は久しぶりにフェアリーテイルズ(という名のトリオ)の打ち合わせでした。3人でいろいろ喋っていると本題のコンサート打ち合わせを忘れそうになります。お互い似たような境遇なので苦労話に花が咲きます。音楽の話、仕事の話、子供の話。

 子供といえばうちの息子は絶賛夏風邪中で保育園も休みまくってます。ちょうど児玉さんの娘も今朝から発熱デビューしたとのこと。うちは4月から保育園始まって随分楽になったけど、病気のときは家族や親も巻き込んでいろいろ大変です。なるべく仕事は休みたくないし。あと保育園が始まって起きる時間が今までより2時間くらい早くなったことが結構つらい。就寝時間は変わらないのに。。
 まぁそれでも保育園行ってくれてた方が2倍楽だし、児玉さんのような二児ママギタリストの苦労に比べたら大したことないなと勇気が湧くw

 さて、この3人で今年も年末頃に保育園で演奏します。これまでも保育園、幼稚園、親子広場などで演奏してきましたが、だんだん恒例行事となってきました。今回も楽しみです。


キヨシ小林コンサート
 新宿文化センターで行われたワンコインコンサートでキヨシ小林さんのコンサートを聴きに行きました。会場ではバッタリda-imaに遭遇しました。(“バッタリda-ima”という名前ではないですよ。念のため。)

 さてコンサートはというと、前半ウクレレ一本でスタンダードナンバーを奏で、後半はギタリストを加えてのデュオでした。さすが日本を代表するウクレレ奏者、素晴らしい演奏でした!ギターとの絡みも息ぴったり!こんなコンサートがワンコイン(500円)なんて超お得でした。





スマホ専用ページ

プロフィール

 楠 幸樹 くすのき こうき

 13才よりアコースティックギター、エレキギターを、 19才よりクラシックギターを始める。 哘崎孝宏氏、坪川真理子氏らにクラシックギターを師事。 2007年、財団法人ヤマハ音楽振興会で津田昭治氏のもと、 クラシックギター、ウクレレの講師資格を取得。 現在、ヤマハ音楽教室、石橋楽器、伊藤楽器等で クラシックギターとウクレレのレッスンを行っている。
 2004年クロサワ楽器主催 街のギタリストコンクールにて第2位。 2006年GFPクラシックギターオーディションにて入賞。 2009年山陰ギターコンクールにて一般部門第2位。 2009年重奏ギターコンクールにて第1位。HARUMI賞も同時受賞。 2011年大阪ギターアンサンブルフェスティバルにて金賞。大阪府教育委員会賞も同時受賞。

ホームページ http://kusu.jp
PR
 


  
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES