KUSUNOKI website
       ギター、ウクレレ、映画、読書、山登りの事などつらつらと。
             ホームページ ⇒ http://kusu.jp

          カテゴリ別 > 日記  山・旅
 映画    LIVE
  
ソロウクレレ・ワークショップ終了
 昨日はいまだ先生によるソロウクレレ・ワークショップでした。受講生の皆さん、とても熱心に取り組んでいて、あっという間の90分。



 最後は講師演奏もしていただき、受講生の皆さんにはソロウクレレの素晴らしさと厳しさと、愛しさと切なさ心強さを感じていただけたのではないかと思います。(?)

 また次回の企画をしたいと思います。



 そして今日は近所の公園をぶらり。

 曼珠沙華はもうほとんど枯れはじめてて見おさめです。


LadyDayでLIVE
 練馬春日町にある「LadyDay」というジャズBARでテルイさんと半プライベートイベント演奏してきました。


 ご来場の皆さんありがとうございます。

 アットホームな雰囲気でとても楽しめました。


 LadyDayのママ兼、ジャズ・ボーカリストの葉月薫子さんとも一曲。素敵な歌声にみんなうっとりです。

 久しぶりにテルイさんと演奏しましたが、これからまたレパートリーを増やしていきたいです。


ウクレレデュオLIVEでした。
 今日はカフェFLAっとで、いまだ君とウクレレデュオライブでした。

 ご来場の皆さんありがとうございました。

 今回はXVIBEというワイヤレスシステムを使ってみましたが、遅延・ノイズも無くとても良い感じです。しかも軽量で、お値段もお手頃。これから流行りそうな予感です。



 さて次回のFLAっとライブは10/13(金)です。初の平日開催且つデュオではなくソロ演奏になります。19:00-楠ソロ、20:00-いまだソロ、それぞれ30分ほどですのでお時間ある方は続けてお楽しみください!


9/24ソロウクレレ・ワークショップのご案内


 9/24(日)は13:30より、いまだきよひで先生によるワークショップを行います。今回の課題曲は誰でも知ってるパッヘルベルの「カノン」です。デモ演奏がコチラから見られます。


 多少ウクレレの経験がある方ならどなたでも参加できます。

 お申し込みはこちらよりお願いします。


BLUE SEAL(ブルーシール)へ行ってきた
 ブルーシールと言えば沖縄で有名なアイスクリーム屋ですが、関東にも空港や繁華街など、人が多く集まるところにも数店舗あるらしい。そんな中で異彩を放つ謎の店舗、「ブルーシールカフェ国分寺店」に行ってきました。

 国分寺をぶらぶらしてて初めて見かけたとき、「なんでこんなところにブルーシールが?」と思わずにはいられなかった。駅から特に近いわけでもなく、人通りが多いわけでもない。「これはもしかしてブルーシールっぽい別の何かなのでは?」と、ブルーシールの偽物疑惑を胸に抱いて早二年。疑惑を解くために、晩飯でも食べようと思ってネットで調べたらまさかの18:30閉店。他の店舗は21時とか22時までやっているのに強気の18:30。まあ仕方ないと思って早めに行くことを計画し、17時過ぎに初の店内潜入!

 まず店内に入って真っ先に目に飛び込んできた立て看板の文字。

「本日のフードメニュー(アイス以外)は終了しました」

 えーっ!

 18:30閉店の店にとって17時はもう稼ぎどきではないのか。。しかも他の店舗には定休日がないのにこの国分寺店はなぜか毎週火曜定休日!って床屋か!強気にもほどがある!



 とりあえずアイスだけ注文。


 救いだったのは息子がアイスに大興奮だったこと。

 キッズスペースも充実していてさらに大興奮。子連れの食事にはオススメだ。(ただし日中に限る。)

 また行こうと思う。昼に。




 この強気営業は、どうやらお隣の「ネッツトヨタ」がフランチャイズ出店している店舗だかららしい。


9/10ボイトレ&弾き語りワークショップ終了しました。
 ご参加の皆さんありがとうございました。

 てづかあい先生の指導のもと、今回も歌うためのヨガの呼吸法・体作りを学び、それからギター、ウクレレの伴奏練習をして弾き語りへと進んでいきました。課題曲はお馴染みの定番曲に加え、今回はハワイアンの「アロハ・オエ」をレッスンしていただきました。ハワイアンは母音やロングトーンなどボイトレに必要な要素が多く、歌の練習には最適とのこと。ハワイ語は基本的にローマ字読みで、Rの発音もないので日本人に優しく易しいです。ウクレレはもちろん、ギターでのハワイアン弾き語りも素敵ですね。次回もハワイアンをやってほしいとの要望がたくさんありました。

 さて、講座のあとは受講生のためだけのスペシャル講師演奏。僕も語りはしませんが“弾き”でお手伝いしました。

 4曲ほど、ウクレレ、ギターを持ち替えたりして歌うてづか先生の歌声にみなさん聴き惚れていたようです。終わってからは「ぜひLIVEにも行きたい!」と皆さん口々に言っていました。トータル2時間程のワークショップ&ミニライブ、とても充実した内容だったと好評でしたので、また企画したいと思います。


9/18(月・祝)西国分寺cafeFLAっとライブのお知らせ


 ミュージックチャージなし、飲食しながら聴けるBGMライブ。おじいちゃんおばあちゃん、お子様連れでぜひどーぞ。ご予約は“cafeFLAっと”まで。


9/10(日)ボイトレ&弾き語り講座のお知らせ
 先日のアドリブ入門講座にご参加の皆さんありがとうございました。ちょっとした発表会形式もあり、みんなでアドリブして盛り上がりました。講師のテルイさんもありがとうございました。

 さて次回のワークショップは「ボイストレーニング&弾き語り講座」です!参加希望の方はまでご連絡ください。

 詳細はこちら↓


 今後の予定も要チェック!


 皆様のご参加お待ちしております!


8/20アドリブ講座のお知らせ
 早くも今週末に迫りましたが、今度の日曜日8/20に「アドリブ入門講座」を高田馬場FELIHAにて行います。毎度お馴染みテルイショウさんを講師に迎え、今回は名曲「スタンド・バイ・ミー」のコード進行を用いてどのようにアドリブ演奏をするか学びます。受講生募集中ですのでご希望の方は楠までお知らせ下さい。



 みなさまのご参加お待ちしております。


電動自転車に乗ってみた。〜西国分寺4大急登篇〜
 遂に電動自転車を購入した!電動自転車に人生で初めて乗ったけど、あまりの快適さに驚いている。実に快適、実に軽快、実に気分爽快である。こんなものが世の中にあったとは、前々から知っていたけどこれほどの性能とは思いもよらなかった。
 とにかく漕ぎ出しがとても楽である。ちょっとペダルを踏み込むだけで自転車だけ先に行ってしまうかと思うほどの加速力。おかげで一時停止するのが煩わしくなくなった。さらに電動自転車は上り坂で本領発揮する。立ち漕ぎなど必要ないほどの推進力でグイグイ登っていく。

 さて、この推進力はいかほどかと、西国分寺界隈の4大急登と言われる(かどうかは知らない。)坂に挑戦してみた。


 まずはお馴染み多摩蘭(たまらん)坂。

 写真だと坂の角度が分かりづらいが、名前の通り、地域住民を長きに渡って苦しめてきた“たまらん”坂。あの忌野清志郎も歌にしている有名な坂だ。

 さて、電動自転車で登るとどうかというと、




 楽勝!

 余裕で登りきった。
 これからは“たまる坂”に名前を変えた方が良さそうだ。





 次はこちら、

 国分寺仁王門から伸びるS字カーブの長い登り坂。

 ここは見通しも悪くとても危険な坂道だ。普通の自転車でフラフラと登ってると坂の上から猛スピードで車や他の自転車がやって来るかも知れないので要注意。よろけたりすると重大な事故に繋がりかねない。しかも坂の上にはS幼稚園があるのだが、自転車で送り迎え御母様方を苦しめ続けてきたという、忌まわしき坂なのだ。(S幼稚園は通園バス無しとか。)

 さて、この危険な坂を電動自転車で登るとどうかというと、






 楽勝!

 フラフラすることなく余裕で登りきった。
 幼稚園の送り迎えに苦労しているママたちよ。もう安心したまえ。我々には電動自転車がある。




 さて3つ目の坂はこちら、

 市民プール手前の上り坂!

 さぁだんだんローカルな内容になってきたぞ。
 ここのプールは市民が体力づくりや健康などのために安く解放しているのだが、この坂のせいで大半の人がプールに行くのを諦めるという恐ろしい上り坂だ。ちょうどこの時も自転車で下ってくる人が何人かいたが、きっとプールに行くのを諦めた人たちに違いない。

 さて、この危険な坂を電動自転車で登るとどうかというと、






 楽勝!

 もうこの坂を理由にプールに行かないということは無くなりそうだ。さらに、プールに入るときにシャツが汗だくで背中に張り付いて脱ぎにくいということともオサラバだ。



 最後の坂はこちら、

 府中街道から姿見の池に向かう急坂。
 池に向かうときは急な“下り”坂なわけだけど、はっきり言って怖い。急すぎて怖い。池にそのまま転がり落ちそうなほどの怖い坂である。「止まれ」の文字がその恐ろしさを表している。
 逆に池から府中街道や駅方面に行くときは当然急な上り坂になるのだが、ここを普通の自転車で登りきった人は未だかつて一人もいないかもしれないし、いるかもしれない。とにかくここは地理的に助走がつけにくく、一気に急坂になるので非常に険しい坂道なのだ。

 さて、この危険な坂を電動自転車で登るとどうかというと、






 楽勝!

 いままでで一番キツい坂ではあったけど、しかし電動自転車にかかればなんてことはない、普通の自転車を押して歩く人を横目にグイグイと登って行くのであった。






 さて、以上西国分寺4大急登と呼ばれている(かどうかは知らない。)上り坂を制覇して、一つ気がついたことがある。それはなんと、







 ギアが2速になったまま!



 ということである。


 つまり、「俺はまだ本気を出していない」ということだ。


 これを1速にギアチェンジしたら一体どれほどの坂を登れるのだろう・・・。




 さて、次回「坂多き街、国立(くにたち)4大急登篇」に続く。かも知れない。





スマホ専用ページ

プロフィール

 楠 幸樹 くすのき こうき

 13才よりアコースティックギター、エレキギターを、 19才よりクラシックギターを始める。 哘崎孝宏氏、坪川真理子氏らにクラシックギターを師事。 2007年、財団法人ヤマハ音楽振興会で津田昭治氏のもと、 クラシックギター、ウクレレの講師資格を取得。 現在、ヤマハ音楽教室、石橋楽器、伊藤楽器等で クラシックギターとウクレレのレッスンを行っている。
 2004年クロサワ楽器主催 街のギタリストコンクールにて第2位。 2006年GFPクラシックギターオーディションにて入賞。 2009年山陰ギターコンクールにて一般部門第2位。 2009年重奏ギターコンクールにて第1位。HARUMI賞も同時受賞。 2011年大阪ギターアンサンブルフェスティバルにて金賞。大阪府教育委員会賞も同時受賞。

ホームページ http://kusu.jp
PR
 


  
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES